2019年春のセンバツ(1)

2019年春のセンバツ大会まで、あと3ヶ月となりました。1月25日予定の選考委員会が待ち遠しいですが、応援する公立勢はここ3年間8校ずつ選ばれていましたが、どうやら1校増えそうです!!恐らく、一般枠6校+21世紀枠3校=9校となりそう。

まず、一般枠6校でほぼ当確なのは、各地方大会決勝進出校の3校です。

 高松商(香川/県立)…四国大会優勝

 明石商(兵庫/市立)…近畿大会準優勝

 米子東(鳥取/県立)…中国大会準優勝

最近は少なくなりましたが、以前は準優勝校でも決勝で大敗すると、ベスト4やベスト8校が優先的に選ばれた事もありましたが、明石商も米子東も大敗はしていないので、まず出場は確定的と言えるでしょう!

続いては、各地方割り当て枠内に入れそうな2校です。

 習志野(千葉/市立)…関東大会ベスト4(関東は東京と合わせて6校枠)

習志野は準決勝も僅差での敗退なので、順当に選ばれそうです。

 市和歌山(和歌山/市立)…近畿大会ベスト8(近畿は6校枠)

近畿は大概ベスト4+ベスト8から2校=6校が多いのですが、それでは残りのベスト8はどうかというと

 福知山成美(京都)0-5履正社(大阪)

 報徳学園(兵庫)0-4明石商(兵庫)

 大阪桐蔭(大阪)2-5智弁和歌山(和歌山)と、いずれもまずまず競ったゲームをしましたが、

 市和歌山4-5龍谷大平安(京都)で9回サヨナラ負けとはいえ、点数も最も僅差ですし、かつ龍谷大平安が近畿大会王者となった事も有利!順当に選ばれそうです。

残り1校は微妙ですが、哀しいかな、恐らく公立校同士の争いになりそうです。

 呉(広島/市立)…中国大会ベスト4

 富岡西(徳島/県立)…四国大会ベスト4

 高知商(高知/市立)…四国大会ベスト4

の3校(プラス、中国大会ベスト4の創志学園)の中から1校が選ばれそうで、創志学園は準決勝がコールド負けの為、かなり不利な状況から、恐らく残りの公立勢3校から選ばれると思います!

下馬評では、呉が有利のようです。準決勝は米子東に延長13回5-6で接戦での敗退でした。富岡西は同じく準決勝で松山聖陵に3-5、高知商は高松商に4-10ですから、接戦度では呉有利。ただ、同じ広島県勢の広陵が中国大会優勝しており、地域性で同一県勢の無い富岡西も浮上するかもしれません。まあ、でもどちらが選ばれても公立校ですから!

昨年までの3年間は一般枠では5校しか選ばれていませんでしたので、1校ではありますが、増えそうなのは大変嬉しーニュースになりそうです。